運動負荷試験12誘導心電計MOERUS

運動負荷試験・心臓リハビリ用 12誘導心電図測定システム“メロス”は、
ノイズに強く、運動中の患者様の心電図波形も、きれいに閲覧でき、
解析機能にも優れたシステムです。

主な機能

運動中・安静時の12誘導心電図測定
  1. ノイズに強い専用の12誘導心電計を活用します
  2. 運動による振動に強く、高精度の心電図を記録できます
  3. 患者様ごとに、心電図、血圧、SpO2(別売)を記録管理できます
ワイヤレスで測定可能
  1. 12誘導心電図、血圧もワイヤレスで測定・記録できます
  2. わずらわしいケーブル管理不要で検査・測定ができます
  3. 別売のSpO2を使い、ワイヤレスでSpO2も測定・記録できます
鮮明な波形解析
  1. 解析ソフトCardiospyでは豊富な波形解析機能を提供しています
  2. 安静時と運動負荷時のST変化を比較できます
  3. 心室期外収縮や心房細動など、カラー設定することで瞬時に表示
  4. 心電図記録中のボルグや、イベントを、配置したキーボードでマーキング可能
  5. Dicom、PDF、JPEGでレポートをファイル出力、印刷することが可能です

システム概要

メロスに組み込まれているプロトコルを、お手持ちの運動負荷装置と同じプロトコルにあわせることにより、エルゴメーター、トレッドミル、CPXと一緒に使うことができます。

 


検査用 モニター画面

活用シーン

生理検査室での運動負荷試験

 ・トレッドミル
 ・エルゴメーター
 ・マスター2段階試験

リハビリテーション室

 ・心臓リハビリテーション
 ・重症疾患後の運動機能リハビリテーション

歩行試験

 ・6分間歩行
 ・術後の病棟における歩行訓練

その他

運動負荷検査 結果表示画面

解析結果 表示画面

製品仕様

【PC推奨環境】

最小構成 推奨環境
OS

Windows XP SP3(32bit)

Windows vista,7,8,8.1(32bit或いは64bit)以降

Windows XP SP3(32bit)

Windows vista,7,8,8.1(32bit或いは64bit)以降

HDD 200GB(SATAⅡ以降) 200GB(SATAⅡ以降)
RAM 2GB以上 6GB以上
CPU Core 2 Duo以上 IntelⓇCore™i3 以上(Sandy Bridge以降)
グラフィックカード DirectX 10 compatible(128MBビデオメモリ以上)
ディスプレイ 1280×800以上 デュアル22インチモニタ1920×1080(Full HD)

Powered by MEHERGEN GROUP