臨床評価 EDCシステム

インターネットを利用した「臨床試験支援システム」

多くの臨床試験ではタスクフォースを組成し、参加する複数の施設で並行的に臨床試験を実施することにより、短時間で多量のデータを収集するアプローチを採用しています。
このようなアプローチの場合、単一施設での試験実施と比べ、「参加施設からのデータの回収・入力」というプロセスが不可避となりますが、現状は非常に「アナログ的」なやり方が採用されています。

EDC(Electronic Data Capture)とは、臨床検査値等の治験データを初期段階から電子的に収集し、管理することを言います。治験で得られた臨床データを、担当医師または治験スタッフが直接パソコン等の端末に入力し、製薬企業やCROは、リアルタイムでそれらのデータを常時監視・チェックすることにより、治験・ 臨床試験のスピードアップと効率化の実現を目指します。

我々のご提案するシステムは、インターネット技術を活用することで、データ収集の負担を激減させ、安全、確実かつ迅速な試験の実施をサポートします。

「病診連携」と「病病連携」のそれぞれに適した接続環境を構築

「病診連携」と「病病連携」のそれぞれに適した接続環境を構築

Contents

Powered by MEHERGEN GROUP